浜田山・高井戸・永福町のエステサロンしわたるみ・首肩こり改善専門店 MISUMI浜田山

MENU
03-6379-7777
  • ホーム
  • MISUMI浜田山について
  • 整心体トリートメント
  • 浜田山エステ
  • 取扱化粧品
  • 店舗情報
  • おすすめ記事
  • ご予約・お問合せ
X
トップ > ブログ > お知らせ > 目の下のたるみの原因と予防・改善方法
Now Loading...

目の下のたるみの原因と予防・改善方法

こんにちは。杉並区のしわ・たるみ改善専門エステサロンMISUMI浜田山です。

 

新型コロナウイルスの影響で、お出かけの際にはマスクが手放せなくなったこのご時世。

 

だからこそ“目元”は、若々しさを印象付ける今まで以上に大きな要因となりました。

 

しかし「目元のケアに何をしたらいいのかわからない…」という方も多いはず。

 

そこで本日は、目の下のたるみの原因、そして予防と改善方法をご紹介いたします。

この記事は5分程度で読めます

1. なぜ目の下はたるみやすいの?

 

年齢を重ねることに気になる肌の変化の中でも、特に気になりやすいパーツが“目元”。

 

その理由の一つは“皮膚の薄さ”にあります。目の周りの皮膚は顔の中で一番薄く、頬と比べても3分の1ほどしかありません。

 

そのため外部からの刺激をダイレクトに受けやすく、きちんとお手入れをしてあげないとトラブルを起こしやすくなるのです。

 

また、骨格も強く影響しています。

 

ガイコツを思い出してもらうとわかりやすいですが、目の周りはもともと空洞。

 

その空洞の中に眼球とそれを支える脂肪が入っており、目の周りにある筋肉がこれをぎゅっと押しとどめています。

 

しかし、年齢とともにこの筋肉が衰えると、脂肪が支えきれず前にずり落ちてしまうことに。

 

すると、もともと皮膚が薄い部分であるため目の下に垂れ下がったようなたるみができてしまいます。

2. 目の下のたるみの原因は?

 

たるみの一番大きな原因は、やはり年齢による筋力の衰えや肌の老化。

 

しかし、私たちの生活習慣も大きく影響していると言われています。

 

スマートフォンやパソコンを使っていると、無意識にアゴを突き出した猫背の姿勢になっていませんか?

 

この姿勢は顔の筋肉が下方向へ引っ張られる“たるみ姿勢”。さらに血流が悪くなることにより、細胞に送られるはずの栄養や水分が行き届かず肌の老化も招きます。

 

また、物理的な刺激もたるみを引き起こす大きな要因です。

 

ウォータープルーフのマスカラや落ちにくいアイシャドウなど刺激の強いメイクアイテムに、それを落とすための洗浄力の高いクレンジング。

 

これらは全て目元への刺激となり、バリア機能を低下させて、ハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチンを衰えさせてしまいます。

3. たるみの予防・改善方法

それではいつまでも若々しい目元のためには、日常生活の中でどのようなことに気をつければいいのでしょうか?

 

ここでは今日から取り入れられる4つの方法をご紹介いたします。

摩擦を避ける

 

たるみを予防するためには、まず物理的な刺激を避けることが欠かせません。

 

お肌に刺激がかかりやすい洗顔の際はゴシゴシ擦らず、目の周りは特に優しく触れるように心がけて。

 

ばっちりアイメイクをした日は、専用クレンジングを使うのがおすすめです。

 

花粉のシーズンやコンタクトレンズを付けている方は、無意識に目元を触りがち。

 

かゆみや乾燥で目を擦らないよう、目薬をさすなど適切なケアを心がけましょう。

顔や頭の筋肉をほぐす

 

顔や身体の筋肉が凝り固まると、姿勢も悪くなり血流も滞ってしまいます。

 

長時間パソコンやスマートフォンを使用する際には、1時間置きに首や肩のストレッチを取り入れて。

 

特別なことをしなくても、気持ちいいと思う程度に首や肩を回したり、傾けたりするだけでも十分効果があります。

 

特に疲れが溜まっているなと感じたら、ヘッドスパに行くなどプロの手を借りて一度身体をフルリセットするのがいいですよ。

専用アイテムをプラス

 

元は皮脂腺が少ないためとても乾燥しやすいパーツ。

 

さらに動きが激しいため、少しの乾燥でもシワができやすくなります。

 

酷使される目元にはアイクリームやアイマスクで特別なケアを。

 

肌にしっかり潤いを与えるヒアルロン酸やコラーゲン、肌細胞の成長を促してくれるEGFが配合されたものなどがおすすめです。

寝る時は“仰向け”で

 

眠っている時の姿勢もたるみに関わっています。

 

うつ伏せ寝は顔に圧力がかかりやすく、血液の循環も滞りがちに。

 

さらに、枕との摩擦で肌には大きな負担がかかります。

 

横向き寝は下側になった部分に圧がかかるため、たるみや歪みを生む姿勢です。

 

美容のことを考えるのなら寝る時は“低めの枕を敷いた仰向け”がベスト。

 

仰向け寝が眠りにくいと感じる方はすでに身体に歪みが生じている可能性があります。

 

寝る前にストレッチで身体をほぐしたり、サロンでボディケアを受けて歪みを調節してもらうと眠りやすくなりますよ。

4. さいごに

ピンと引き締まった目元は、出会う相手に若々しい印象を与えてくれます。

 

目の下のたるみを改善することで、あなたの目力はさらにアップするはず!

 

早速今日からお手入れを始めてみてくださいね。

5. MISUMI浜田山の3密対策

当店では、ご来店いただいた瞬間から最後まで皆様に心からリラックスしてお過ごしいただけますよう、感染症対策として以下のような徹底した3密対策、衛生管理を行っております。

  • 専属の清掃スタッフが、毎朝玄関先から店内の隅々まで清掃し、除菌・消毒も併せて行っております
  • お客様のご来店毎に、スタッフはもちろんお客様にも手洗い・うがいをご協力いただいております
  • お客様がお帰りになられた後は、必ず5分以上のお部屋の換気・ドアノブやタブレットなどの消毒を徹底しております
  • タオルやスリッパはお客様のご来店毎に必ず交換し、常に洗濯したての新しいものでご用意しております
  • 長時間の接触を極力避けるため、LINE動画などを活用したオンラインカウンセリングを行っております

その他にも、詳しい対策の流れなど以下の動画でも紹介しておりますのでぜひご覧くださいませ(^^)

MISUMI浜田山の3密対策を動画でCheck♪

オンラインカウンセリングの様子や、実際にご来店~ご退店いただくまでの流れを動画でご紹介しております♪その他にも当店が毎日行っている清掃や換気の様子もご覧いただけますので、ご来店前にぜひ一度ご確認くださいませ(^^)….

 

6. 公式LINEアカウントのご登録で素敵なプレゼント

  1. 1.下記、友だち追加ボタンをクリック
  2. 2.登録完了後、LINEからご予約日時候補を頂けますと、スタッフより返信させて頂きます
  3. 3.来店後、無料体験をお楽しみください♪  友だち追加

※公式LINEのご登録特典は、メニューと併用のみとさせて頂きます事、ご了承くださいませ。

7. おすすめの関連記事

3密徹底対策!MISUMI浜田山の新施術スタイルとは?

3蜜徹底対策!MISUMI浜田山の新施術スタイルとは?

たるみの改善には“疲労を無くす”ことが鍵⁉

この記事を書いた人

小林 江実

大手百貨店で、有名化粧品の販売員として7年間勤務。多くの女性から圧倒的な支持を頂き、5年連続で個人売上日本一を達成。累計約4万人のお客様に対してアドバイスを行ってきた実績をもとに、エステティシャンへ転身。

 

ご予約はこちらご予約はこちら

Instagram

当店の感染予防対策はこちら